爆速Pの旨い物日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツでお肉
ドイツで食べたお肉

これをアップするのを忘れてた。

これは前と同じ時のドイツの話。
まずは、店に入ったらビールを頼む。

店の親父は「大きいのと小さいのどっち?」って聞いてくる。

やっぱり せっかく食べに来たのにグラスビールじゃ足りないと思って
大きいのを頼んで出てきたのがこれ↓

V9040056-1.jpg


でかっ!

1リットルだそうです。ちなみに、スモールが普通の生中ぐらいでした。

V9040057-1.jpg


↑これは、その店のメイン料理。
右のほうにあるのは、お肉の塊。
そしてその下には、熱々の石版。

後は、自分で切ってお好みの焼き加減でどうぞって感じ。

しかし、写真で伝わるかどうかわからないけど

全てがでかい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

連続ドリアン小説

第八話 持ち込み手荷物

次の日の朝、やっぱり部屋は臭い。
なにはともあれ、この日の朝の便で成田に帰るのだ。
気になるのは、寝てもさめてもあの臭いをどれだけ封じ込めたか。。。
ここで、整理してみよう。僕が持っている荷物は二つ。
一つは仕事の書類やら現地の地図やらそんなのが詰まったバッグ。
もう一つは、着替えやらPCやらを入れて持ち運ぶやつ。
航空会社は無責任なもので、荷物がなくなったときに
中身の保障は一切してくれない。
それはそれで当然で、空港で働いているのは
昨日今日のバイト君だっているのだ。
差別するわけではないが、貧富の差がやはり日本よりは大きい気がする。
特に海外では身元のはっきりしない人だって雇ったりするだろう。
やっぱり、日本人はよく言えばモラルがある。
悪く言えば、平和ボケしているな~と心底思う。
実際、ヨーロッパだって鍵をこじ開けられたとかそういう話を聞く。
ブランド物の袋に物を入れれば、
預けた瞬間に成田の手荷物受取所での再開は望めない。
話が横道にそれてしまったが、言いたいのは僕の荷物は
貴重品を含むため預けられない
と言うことなのだ。
どちらも貴重品が入っていて、サイズもそこそこだ。
そんなに大きくないので機内持込で行きたい。
そうこう考えてるうちに、フロントのところで待っていた
僕の所に上司が下りてきた。

<つづく>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。